初心者は必ず覚えた方が良い!ロードバイクのパンク修理

SNSフォローボタン
ぷりんをフォローする
ロードバイク

ロードバイクを始めると必ずといっていいほどパンクをします。絶対です!
 以前店員さんからロードバイクは、パンクしたらチューブ交換と聞きました。
パンクのたびにチューブ交換はさすがにもったいないので、パンク修理する事にしました。

1から解説
ロードバイク   パンク修理

パンク修理に必要な道具

100均で揃います。
  • タイヤレバー
  • パッチ
  • ヤスリ
  • ゴムのり
  • 空気入れ
  • 洗面器

あると便利な物

  • プラスチックハンマー

パンク修理の手順

  1. タイヤを自転車から外す
  2. ホイールからチューブを取り出す
  3. チューブを修理する
  4. チューブをタイヤに入れる
  5. タイヤを自転車にはめる

タイヤを自転車から外す。

1、リアギアを1番小さなギアにする

2、車輪中央のレバーを緩める

注意!竹の子バネがあるので無くさない様に。

タイヤを外すと変速機が直置きになりキズが付くので、逆さにするか吊るして置きましょう。

ホイールからチューブを取り出す

バルブにネジが付いていたら、外しておきます。

タイヤレバーを使ってタイヤを外します。タイヤを手で摘んでリムの中央に寄せておく(ビートを落とす)と、タイヤを外しやすくなります。
チューブを抜いたら、タイヤの内側に異物が残っていないかチェックしてください。そのままにしておくと、またすぐにパンクしてしまいます。

チューブに空気を入れて、穴の位置を確認します。穴が小さい場合は空気を多めに入れると、穴の位置がわかります。

今回の穴の箇所は本来なら修理不可な場所ですが、とりあえずチャレンジしてみます。

パッチの大きさよりやや大き目にヤスリがけをします。かなり念入りに擦っても穴が開く事はありません。

チューブにゴムのりを塗って乾燥させます。乾燥時間は指で触って付かなくなる位、塗る範囲はパッチより大きく。場所に合わせて、今回は少し加工してみました。

パッチを銀紙から剥がし、透明フィルムのまま患部にはりつけます。プラスチックハンマーなどで軽く圧着しま。間違っても金属ハンマーで叩かないでください。穴が増えます。
 よ〜く圧着できたら、いよいよフィルムをはがします。この瞬間で出来栄えがわかります。オレンジの部分がめくれるようなら、ヤスリがけが足りないか、のり不足なのでやり直しです。

綺麗に貼れました。 

チューブに空気を再度いれ、空気漏れがないかチェックします。

チューブをタイヤに戻す

チューブをタイヤに戻します。チューブかシワにならない様にタイヤに収めていきます。空気入れで、チューブの形が維持出来る程度に空気を入れ、タイヤをリムにはめ込んでいきます。この時バルブとタイヤのロゴを合わせておくと、次にパンクした時にチューブの穴の位置から、タイヤに残った異物を探しやすくなります。

チューブがシワになっていないかを確認しながら、少しづつリムにはめ込んでいきます。この時もチューブに少し空気を入れておくとシワになりにくいです。はめ込んでいくとはまらなくなってくるので、空気を抜き最後まで素手ではめ込んで下さい。指ではめ込まず手の腹で押すと楽にハマります。タイヤレバーを使用すると、チューブをキズ付ける可能性があるので「根性で素手」が原則です!

ワンポイント、タイヤを摘んでリムの中央に寄せておくと、タイヤに余裕ができて、簡単にはめ込む事ができます。

全てハマったら、バルブを一旦押して、バルブの付け根のゴムの硬い部分が、しっかりタイヤに包まれている事を確認してください。

少し空気を入れ、タイヤを押しチューブがリムに挟まっていないか確認します。

ホイールを自転車にはめる

ホイールを外した時と逆の方法ではめます。ブレーキで左右の間隔を見て均等であればOKです。なっていない場合はホイールが自転車にしっかりはまっていない可能性があるので、ホイール中央のレバー付近を確認しましょう。

ブレーキのロックを忘れずに。

まとめ

今回は、パンク修理についてブログしました。

  • タイヤメーカーや、乗り方によって回避できるパンクリスクです。
  • 1番の原因は空気圧にあります。
  • 出先でのパンク修理は、時間がかかりますから、その場ではチューブ交換をして帰って来たら、ゆっくり直しましょう。

私が長年愛用しているタイヤは Continental(コンチネンタル) GRAND PRIX 5000です。以前は4000を2度リピして愛用してましたが、廃番になってしまいました。2度共パンクせずに天命を全うしました。

出展:Amazon

タイトルとURLをコピーしました